スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
ゴシック(ゴーティク)式甲冑 - 1
みなさま、2008年あけましておめでとうございます。ずっと放置してしまっていた絵描き鍛冶を再開することができました!とはいえ、本当に少ぉ〜しづつしか記事をつくれないと思います。ゆっくりじっくりと、甲冑を絵で分解して楽しみます。よろしくおつき合いください。

今回から分解してみるのは、【ゴシック式(ゴーティク式・ゴチック式)甲冑】です。本文中では、(自分が)馴染みやすい【ゴシック式】と記述しようと思います。基本的にはドイツで製産された甲冑ということになりますが、イタリア製のゴシック式甲冑も存在したようなので、ゴシック式を定義するのに重要なのは、やはり甲冑の構造ということになるようですね。
ゴシック式甲冑の特徴といえば、私の個人的な印象としてはやはり、美しい【筋打ち】でしょうか。資料によれば、鉄板に筋打ちをすることによって強度を持たせるとのことで、ゴシック式甲冑を最も印象づけるディテールのひとつだと思います。

そんなゴシック式甲冑ですが、分解してある資料はほとんど見たことがないんですが、画面右で紹介させていただいている【三浦權利】氏の【図説 西洋甲冑武器辞典】内で詳細に分解されているマクシミリアン式甲冑と、【西洋甲冑 ポーズ・アクション集】内で、装着前にパーツごとに床にバラバラに並べられたゴシック式甲冑の写真や、さらにそのパーツを順を追って装着されていくさまなどを眺め倒して空想にふけって、絵描き鍛冶的に分解考察してみようと思います。

それでは、まずは鉄靴を線画で描いてみました。

分解1-1

…ここで、いつもの注釈を記述しておこうと思います。

私が描いている線画は、3面図風に描いてみてはいますが、全ては私の【イメージ】です。立体の実物を観察して描くわけではありませんし、製図の知識・技術も全く持ち合わせていませんので、甲冑の正確な構造資料としての価値はありません。
でも、甲冑の絵を今までよりももっと楽しく描くために、少しでも多くのディテールを知りたくて、こういった試みをしています。

ちなみに、この線画は Painter 5.5J の【シェイプ】ツールで描いています。この【シェイプ】ツールは、線画だけではなくて、剣や槍などの装備品を描く際にもとても便利です。機会があれば剣などの描き方も紹介してみようかな?


それでは、今回はこのくらいで。

次回は、鉄靴をパーツに分割して遊んでみます。


>>> 1/13 記事の続きに返信をつくらせていただきました。
続きを読む >>
| ゴシック(ゴーティク)式甲冑 | comments(2) | trackbacks(0)
ゴシック式(ゴーティク式)甲冑 - 2
今回は、鉄靴を線画で分解してみます。

今回、参考にした甲冑は、3種類くらいのゴシック式甲冑の線画や写真なんですが、鉄靴の最大の特徴は、やはり鈑札の重なり方による【蛇の腹】のような魅力的なディテールにあると思います。

その【蛇の腹】のようなディテールの表情は、鉄靴のつま先から甲にむけて重なる鈑札のデザインや幅、そして重なり方によって表情が様々に変わってくるわけなんですが、今回は、甲の中ほどの鈑札を起点として、つま先方向、足首方向へとそれぞれ札を重ねた形式のものを参考にしてみました。
分解1-2
鈑札のサイズや、重なり加減などは全て空想ですのでご注意ください。
この絵は、【右足の鉄靴】として描いています。足の【くるぶし】部分の外側にあたる部分は蝶番となっています。反対に内側となる部分は踵のパーツの鈑金がつま先に向けて長くなっていて、突起した部品が見られます。この突起を、つま先側の鈑金に設けられた穴にはめ込むことで装着するようです。あるいは突起した部品に、さらに固定用の金属棒などをはめ込むようになっていたかもしれません。

今回描き足したんですが、踵のパーツと、その直前のパーツの接地側の縁は【折り返し】てあるようです。このことによって、剛性が増し、ゆがみに強くなるのだそうです。資料によれば、【針金】を巻き込む技法もあったとのこと。すごいです…ドキドキしますね。

右側の絵は、ちょっと遊んでみたんですが、どんな感じで動くのかな?と。
これは、【甲冑ポーズ&アクション集】の【マクシミリアン式甲冑】の項を参考にしています。分割して描いたパーツを旋回軸鋲で重ね直して、少しづつ回転させながら試してみました。
そのときに気がついたんですが、我々の足は考えてみたら、甲の部分はけっこう長くて、そして甲の部分は曲がらない(しならない)んですよね。そう考えると、甲のパーツはけっこう大きくしてあまり動かないようになっていても、それほど支障が無いのかもしれませんね。


では、今回はこのくらいで。


次回は、足の裏を空想します! そうです、【空想】です。
見たこともないですし、資料も持っていません…。

しかし、他の甲冑の足の裏なら資料に載っています!手持ちの資料から空想を勝手に膨らまし、その構造を考えることは何よりも楽しいもの。

みなさまどうか、私の空想におつき合いください。
| ゴシック(ゴーティク)式甲冑 | comments(0) | trackbacks(0)
ゴシック式(ゴーティク式)甲冑-3
今回は、前回記述したように【鉄靴の足の裏側】を線画で空想・分解してみたいと思います。今回練習しているゴシック式甲冑の鉄靴の裏側は、挿し絵でも、写真でも見たことがありませんので、手持ちの資料から空想してみます。

まずは、今回の空想の元となっている根拠を簡単にお話ししてみようと思います。手持ちの資料(ポーズ&アクション集)のゴシック式甲冑の鉄靴を観察すると、鉄靴のつま先の鈑金(板金)部品の形状が、他の部品のように接地面でストンと終わっておらず、足の裏側までクルリと巻き込んでいるように見えるんです。
分解1-3.1簡単に描いてみると、このような感じでしょうか…ちょっと大袈裟に描きましたが、つま先部分の接地面付近の魅力的な表情から、やはり鈑金の縁が接地面で単純に切れておらず、つま足の裏側に向かって、どの程度かは分かりませんが、巻き込んでいるのだと思うんです。そういった考え方を元に、鉄靴の裏側を空想しながら線画を作ってみることにします。


分解1-3.2まず、基本として鈑金が足の裏側に巻き込んでいないものを用意してみました。鉄靴の裏側は空っぽなので、足に装着するためにはベルトなどが必要となりますね。そこで、図中の赤い線なんですが、ベルトなどを設置していた(設置すべき)であろう場所として描き込んでみました。この部分にベルトなどを用意していなければ、鉄靴は装着することができないということになりますが、図中のくるぶし付近の赤い線の場所には、【拍車】を装着する際に足の裏側にもベルトが通るので、鉄靴そのものにベルトを設置しない場合もあったようなので、今回は鉄靴にはベルトが用意されないものと考えることにしました。

なので今回は、つま先側の赤い線部分の固定方法を、足の裏側に巻き込む鈑金の処理と合わせて何通りか空想してみたいと思います。楽しい作業です!(悩むけれど。)


分解1-3.3まずは、こんな感じに空想してみました。先端付近の鈑金を足裏側に巻き込んでつま先先端だけを袋状にして、残りの部分はごく少量を巻き込みながら、つま先鈑金の後端部分は少し内側にのばして、ベルトを渡してみました。つま先の鈑金を巻き込むのは、その形状の流行だったのか分かりませんが、部品の強度を増すことが目的だったのかな?とも思います。


分解1-3.4次は、鉄靴の裏側を写真資料で観察することができる【マクシミリアン式甲冑】を参考にして考えてみました。鈑金の縁は、ある程度の一定の幅で足裏側に巻き込んでいて、その幅のある部分に穴を並べて用意し、硬めの革を鋲や丈夫な糸で装着した。という設定です。何しろ次の世代の甲冑で採用されている構造を真似たものなので、なんだか説得力があります。ただし、マクシミリアン式甲冑では、鈑金の縁はこのようにゆるやかに巻き込んではいません。完全に折り返してあるようです。また注意しなければならないのは、例えばこの方法は、【次の世代の甲冑でようやく実現した】のであって、こういった工作はまだ技術的に無理だったという可能性もありますよね。でも私としては、この方式がいろいろな面で安定しているような気がします。


分解1-3.5最後に、こんな感じでも面白いのに…と思った空想です。つま先部分の裏側は、巻き込んだ鈑金で完全にカバーされている!という設定。変型した円すいといった感じでしょうか…ある資料のイラストに騎乗した重装甲兵の絵があったんですが、なんとなく見える足の裏部分の表現が、踵のほうは茶系で塗りつぶしてあるんですが、つま先部分は灰色っぽい色で塗りつぶしてあるのを発見したんです。これは、もしや!?大変なヒントなのでは!と。でも実際はイラストレーターの方が、分からないからなんとなく塗っただけかもしれないんですが…これもまた空想の源ということで、こんなことを考えてみました。

この方法はかなり面白いと思うんですが、ちょっと強引でしょうか…


甲冑の絵を描く際に、足の裏を描くことはほとんどないとは思うんですが、もし、描く場合には、やはりつま先付近と、くるぶし付近にベルトのようなディテールを簡単に描き足したり、つま先部分は革底をつけてみたりするとよい感じになると思います。

また、別の方法として鎧下着の足の甲部分に丈夫な装着ヒモ(ポイント)が設置されていて、足の甲部分の鈑金に装着用の穴が用意されていた場合もあったようです。この場合には、つま先部分の足の裏にはベルトを描く必要はないですよね。その代わりに、足の甲部分に結わえたヒモを描けばよいということになります。他には、イタリア式(ミラノ式)甲冑の足防具は鈑金部品ではなく、しなやかなメイル(鎖)部品で足の甲部分をカバーするものもあるようです。下馬しての戦闘では、このメイルの防具のほうが断然動きやすかったと思われるので、例えばゴシック式甲冑についても、戦略によっては最初から鉄靴を装着しなかったこともあるのかな?などと妄想しながら…


それでは、今回はこのくらいで。

次回は、鉄靴を描いてみようと思います。
今回、最初に下描きを載せてしまっていますが、こちらのブログに初期の頃からお立ち寄りくださっている方は、下描きに線を引いたのか!?と驚いている方もいらっしゃると思います。そうなんです、今回は、まずは線で描いてみることにしました。

効率良く描きたいと思って試みていますが、さてどうなりますことやら…


>>> '08/01/13 記事の続きに返信をつくらせていただきました。
続きを読む >>
| ゴシック(ゴーティク)式甲冑 | comments(1) | trackbacks(0)
ゴシック式(ゴーティク式)甲冑-4
今回は、鉄靴を塗ってみました。

分解1-4.1まずは、前回の記事に掲載した絵から、さらに後で色を乗せることを意識して描いてみた下描きです。いつの日かこの下描きの精度を高めることで、後からちょちょっと色を塗るだけでいい感じ!ということを目指したいと考えていますが…。

今回は、そう上手くはいきませんでした!あはは。いやしかし、このゴシック式甲冑のすべてのパーツを描き終える頃には、きっと何かをつかめるはずです。楽チンしていい感じの絵を描くことを目指して、練習をつづけます。

分解1-4.2そして、途中から下描きのことをけっこう忘れてしまいながら塗り作業を行ったのがこちら。今回は、やはりつま先の表現に気をつかっています。足裏側に「巻き込んだ」感を少し露骨に表現してみましたが、いかがでしょうか?

くるぶし付近の「あっさりした塗り」と、つま先に向かっての「黒っぽい塗り」とを比較すると、自分としては、あっさりした表現のほうが実は好みなんですが、金属らしさの表現と、絵としての面白みを考えるとやっぱりオーバー気味の表現が楽しいので、このような感じにしてみました。


それでは、今回はこのくらいで。

次回は、この鉄靴を分解してみます。


>>> '08/02/11 記事の続きに返信をつくらせていただきました。

>>> '08/06/15 記事の続きに返信をつくらせていただきました。

続きを読む >>
| ゴシック(ゴーティク)式甲冑 | comments(3) | trackbacks(0)
ゴシック式(ゴーティク式)甲冑-5
鉄靴を(絵で)分解してみました。
素晴らしい研究者の方々の色々な資料による情報に、私の空想・希望によって解釈を加味したものです。

まずは、むかって右側の鉄靴の絵について。
内部を透かしたようなイメージで描いてみました。こんな感じで革のベルトが設置してあるんだろうなぁーという絵です。革は鋲で固定してあるのだと思いますが、鈑金が重なる部分に鋲が打ってあるため、完成後は鈑金が重なって鋲が見えなくなるという仕掛けですね。この革ベルトには、旋回可動軸で自由に動く鈑金部品が重なり過ぎてしまったり、逆に開きすぎてしまったりすることを防止するために設置されているのかなと思います。
絵に描くことはまず無いと思いますが…

分解1-5

次に、鉄靴の側面に見える鋲について考えてみました。西洋甲冑武器辞典などに掲載されている甲冑の裏側からの写真を観察すると、鋲の甲冑内側には、今で言う金属ワッシャーのような、円盤状の部品が見られます。つまり鋲は、2枚の鈑金を通り、甲冑内側にてさらに円盤状の部品を通った状態で設置されていることが分かります。今回は、大好きなプラモデルの組立図のイメージで、鋲と円盤状の部品の設置イメージを描いてみました。

プラモデルの組立図を知らない方にはちょっと見づらいかもしれませんが、鋲からオレンジの線が伸びて、円盤状部品に向かって矢印になっています。1枚目の鈑金、2枚目の鈑金を通って、円盤状部品に届きます。

さて、ここで空想を楽しみましょう!【鋲】って、どんな部品で、どうやって固定されているんでしょうか…?今回私は、3通りの鋲を空想してみました。

【1】キノコのような頭と軸を持つ1つの部品。
キノコのような頭から伸びる棒状の軸を2枚の鈑金と円盤状の部品を通して、内側で軸の端を打ちつぶして取り付けた。軸を打ちつぶす際には、例えば金属板の縁を軸の太さに合わせてUの字に切り抜いた作業用の金属板を挟み込んで作業して適度な「遊び」を作ることで、鋲を旋回軸として機能させた。

【2】キノコの頭を持つ軸と、釘の頭のように、平坦に潰された頭を持つ軸の2つの部品で1組の部品。
いずれか片方、例えばキノコの頭を持つ軸は全体が筒状か、軸の端だけが筒状になっていて(凹部品)、それを鈑金と円盤状部品に通した状態で、細く短い軸を持つ釘頭部品(凸部品)を、キノコ部品の軸に打ち込むことで固定した。この場合、軸の長さで「遊び」を調整したのかもしれない。
キノコの頭の方が細く短い軸の部品だった場合も。

【3】キノコ頭・軸・釘頭の3つの部品で1組の部品。
軸はマカロニ状の中空部品となっていて、それを鈑金と円盤状部品に通し、甲冑外側からは短い軸を持つキノコ頭部品(凸部品)を、内側から同じく短い軸を持つ釘頭部品(凸部品)をそれぞれ打ち込んで固定した。

いかがでしょうか?こんなことを必死で考えて悩んでいると相変わらず楽しくて仕方がないわけであります。【1】【2】【3】の空想のうち、私が「こうだったらいいな」と思うのは、【1】なんですが、では実際はどのように鋲が打たれていたのかは、分かりません…。でも鋲は甲冑のディテールを引き締めるとても重要な要素だと思います。空想の甲冑を描く際には、あまり設置場所は数にこだわらず、思いっきり鋲を描き込んでみるのも楽しいと思います。


それでは、今回はこのくらいで。

次回は、鉄靴を下から眺めたイメージを描いてみます。


>>> '08/02/21 記事の続きに返信をつくらせていただきました。
続きを読む >>
| ゴシック(ゴーティク)式甲冑 | comments(1) | trackbacks(0)
 1/2PAGES >>
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
カテゴリ毎に記事を表示します
最近アップした記事です
お世話になっている資料です
Techniques of Medieval Armour Reproduction: The 14th Century (Medieval & Renaissance)
Techniques of Medieval Armour Reproduction: The 14th Century (Medieval & Renaissance) (JUGEMレビュー »)
Brian R. Price
ついに手に入れることができました!大きくて、厚みがあり、存在感のある本です。書いてあることはさっぱり分かりませんが、それはいつものこと。(現代における)甲冑の作り方の本というだけあって、興味深い【図解】が多くて、絵描き鍛冶としては非常に助かります!他の甲冑の本とは角度が違うので、構造に想いをはせる方はぜひ!
お世話になっている資料です
Medieval Military Costume (Europa Militaria Special, 8)
Medieval Military Costume (Europa Militaria Special, 8) (JUGEMレビュー »)
Gerry Embleton
15世紀頃までの騎士や他の戦闘装備と、女性たちの仕事着なども自然の中で撮影した雰囲気のたっぷりの写真で紹介されています。個人的には、コートオブプレートのカラーイラストと、ランツクネヒトが写真で見られたことが特にうれしい!
お世話になっている資料です
 (JUGEMレビュー »)

ヴァイキングの戦士たちは本当に魅力的です。戦士の写真以外にも、炊き出しをする女性たちや、特に装備品をこさえる職人の写真などは、あり得ないわけなんですが、当時の写真なんじゃないの?と言いたくなるほどの雰囲気の良さです。
お世話になっている資料です
 (JUGEMレビュー »)

表紙の写真だけでも手に取って見たいと感じました。とにかく、特に金属の装備品が周囲の環境によってどんな表情になるのかを写真で観察できることが素晴らしいと感じます。
お世話になっている資料です
図説 西洋甲冑武器事典
図説 西洋甲冑武器事典 (JUGEMレビュー »)
三浦 権利
●本物の西洋甲冑師【三浦權利】氏の膨大な知識の一部を1册の本に。●甲冑の発達の歴史から詳細な分解写真まで、まさに【辞典】と呼ぶに相応しいずっしりとぶ厚い本です。●甲冑の分解写真は、三浦氏製作のマクシミリアン式甲冑。裏側の写真まで掲載されていますが、下で紹介している【ポーズ&アクション集】では、その甲冑が様々なポーズを取っているので、組み合わせて参照すれば最強です。

お世話になっている資料です
西洋甲冑ポーズ&アクション集 European Armour in Various Scene
西洋甲冑ポーズ&アクション集 European Armour in Various Scene (JUGEMレビュー »)
三浦 権利
●同じく本物の西洋甲冑師【三浦權利】氏が、読者からの要望を受けて製作された本です。こちらの本では、甲冑を実際にモデルが装着して、様々なポーズをとって写真を撮ってしまったんです!●モデルがパーツごとに甲冑を装着していく写真は涙が出るほどうれしい!さらに、後ろ姿もじっくり観察できるので本当に素晴らしい。●この本と、【西洋甲冑武器辞典】を一緒に開いて勉強するのが私のお気に入りです。
お世話になっている資料です
LINKS
月毎の記事分類です
みなさまからのコメント
PROFILE