<< プレートメイル-4 | main | プレートメイル-6 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
プレートメイル-5
みなさん、こんにちは。
今回は、ウェブのおともだちからいただいたイメージで鎧を描いてみました。

板金鎧-3基本としたのは、やっぱり15世紀のゴシック式甲冑です。ゴシック式というと、私の中ではドイツ製の鎧というイメージでしたが、資料を読んでいたらイタリア製のゴシック式甲冑も存在するとのことでした。写真を見ると、なるほど、イタリア製らしい丸みのあるポチャッとしたかたちながら、板金に控えめながらスジが打ち出してあるのでした。甲冑職人たちの商魂なんですねぇ…土地に合わせたデザインや形式のものを作ったりしていたんですね。

今回の鎧は、実は女性用ということで、太もも部分をある程度広げて描いてみました。この部分は、もう少し強調してみてもよかったかもしれませんね。面白いのは腕の関節部分です。大きな革製のカバーで接続されているという考え方で描いてみました。変わった表情が出ています。

胸の前にある飾り板には、なかなか苦労しました。立体で捉えたときになるべくつじつまが合うようにと思って、そしてまた、何かしらの意味があるような感じ…になったと思いますが、いかがでしょうか?



では、今回はこのくらいで。


  >>記事のつづきに返信をつくりましたよー
>magic★さん ありがとうございます!(そしてごめんなさい…)

magic★さんにいただいた絵のイメージから、ヘルムを外したときだけ、いろいろな想いがほのかに戻るのみ。という印象を受けたので、今回は装着することで外からの感情や想いを遮断するような、そんなヘルムにしようと思いました。

そのために、ヘルムのスリットを変なかたちにすることで、人の目線をあまり感じられないようにしてみました。また角のような飾りを顔の前に伸ばすことで、攻撃的ということではなく、いろいろな物事を遮断するイメージが出れば…と思いました。


私も水着のような鎧も好きなんですが、今は金属の艶っぽさを描くことが好きなので金属部分を多くしたいみたいです。

青い旗(バナーというそうです)を掲げながら進む騎士団というイメージもカッコいいですねぇ…騎士見習いの盾持ちは、首にバンダナを巻くくらいなのかな?
| プレートメイル(板金鎧) | comments(3) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
わあ!かっこいい!!
すごいすごい!前回の薄ピンクの鎧もステキですが
こっちはまた違う表情ですね!
なんか、こう、ストイックな感じがしますね^^
心まで固く鎧にまとっているかのよう。うっとり。
よくある美少女系の急所だしまくりの鎧は
度が過ぎると、「???」となるので
やはり鎧はこうでなくては!と思ってしまいます^^
(ちょっと露出あるのもすきなのですがねw)
TOPで下半身に青い布がつけられてますが
それが付いたせいかこの鎧を着ているひとの
身分的なものがかいま見えるような気が。
なんか、身分の高い人のような感じがしました
この人の部隊の人たちは皆青い布を身体に一部巻く。みたいな。
妄想がどんどんふくらんでしまいます!うふふ!
| magic★ | 2006/11/20 3:36 PM |
更にコメントです^^
返信ありがとうございます〜〜★
そして我が家の掲示板にも書き込みありがとうございます〜!
そしてそして
まじこは書き込みしてくれたことがとてもうれしいので
謝らないでくださいね〜〜〜!
まじこのほうがウィルスでばたばたしてまして
掲示板の返信をできなかったのがkojiさんを恐縮させて
しまう形になってしまった!と、まじこも反省します><

どうしても携帯のメールや電話とちがってすれ違ってしまいますね。でも、そのすれ違いがまた味があって楽しいものだとまじこは思っております^^(共和国さんの絵にレスつけ逃したー!と画面の前で叫ぶ自分とかw)

今回のことでkojiさんが人の痛みをわかるとても温かいお人柄なのだと発見です!うふふ☆

| magic★ | 2006/11/29 12:35 AM |
甲冑のイラストを描くために、デザインと金属の描き方を検索していてこちらにたどり着きました。
大変有力な参考資料にさせていただいたと同時に、こんなに甲冑への思いが感じられるページがあるとは…と驚きました。
出会えてよかったと思います。
世界って広いですねー。
| あき | 2013/12/15 4:17 PM |
コメントする









http://painterfan.jugem.jp/trackback/56
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
カテゴリ毎に記事を表示します
最近アップした記事です
お世話になっている資料です
Techniques of Medieval Armour Reproduction: The 14th Century (Medieval & Renaissance)
Techniques of Medieval Armour Reproduction: The 14th Century (Medieval & Renaissance) (JUGEMレビュー »)
Brian R. Price
ついに手に入れることができました!大きくて、厚みがあり、存在感のある本です。書いてあることはさっぱり分かりませんが、それはいつものこと。(現代における)甲冑の作り方の本というだけあって、興味深い【図解】が多くて、絵描き鍛冶としては非常に助かります!他の甲冑の本とは角度が違うので、構造に想いをはせる方はぜひ!
お世話になっている資料です
Medieval Military Costume (Europa Militaria Special, 8)
Medieval Military Costume (Europa Militaria Special, 8) (JUGEMレビュー »)
Gerry Embleton
15世紀頃までの騎士や他の戦闘装備と、女性たちの仕事着なども自然の中で撮影した雰囲気のたっぷりの写真で紹介されています。個人的には、コートオブプレートのカラーイラストと、ランツクネヒトが写真で見られたことが特にうれしい!
お世話になっている資料です
 (JUGEMレビュー »)

ヴァイキングの戦士たちは本当に魅力的です。戦士の写真以外にも、炊き出しをする女性たちや、特に装備品をこさえる職人の写真などは、あり得ないわけなんですが、当時の写真なんじゃないの?と言いたくなるほどの雰囲気の良さです。
お世話になっている資料です
 (JUGEMレビュー »)

表紙の写真だけでも手に取って見たいと感じました。とにかく、特に金属の装備品が周囲の環境によってどんな表情になるのかを写真で観察できることが素晴らしいと感じます。
お世話になっている資料です
図説 西洋甲冑武器事典
図説 西洋甲冑武器事典 (JUGEMレビュー »)
三浦 権利
●本物の西洋甲冑師【三浦權利】氏の膨大な知識の一部を1册の本に。●甲冑の発達の歴史から詳細な分解写真まで、まさに【辞典】と呼ぶに相応しいずっしりとぶ厚い本です。●甲冑の分解写真は、三浦氏製作のマクシミリアン式甲冑。裏側の写真まで掲載されていますが、下で紹介している【ポーズ&アクション集】では、その甲冑が様々なポーズを取っているので、組み合わせて参照すれば最強です。

お世話になっている資料です
西洋甲冑ポーズ&アクション集 European Armour in Various Scene
西洋甲冑ポーズ&アクション集 European Armour in Various Scene (JUGEMレビュー »)
三浦 権利
●同じく本物の西洋甲冑師【三浦權利】氏が、読者からの要望を受けて製作された本です。こちらの本では、甲冑を実際にモデルが装着して、様々なポーズをとって写真を撮ってしまったんです!●モデルがパーツごとに甲冑を装着していく写真は涙が出るほどうれしい!さらに、後ろ姿もじっくり観察できるので本当に素晴らしい。●この本と、【西洋甲冑武器辞典】を一緒に開いて勉強するのが私のお気に入りです。
お世話になっている資料です
LINKS
月毎の記事分類です
みなさまからのコメント
PROFILE