<< ゴシック式(ゴーティク式)甲冑-3 | main | ゴシック式(ゴーティク式)甲冑-5 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
ゴシック式(ゴーティク式)甲冑-4
今回は、鉄靴を塗ってみました。

分解1-4.1まずは、前回の記事に掲載した絵から、さらに後で色を乗せることを意識して描いてみた下描きです。いつの日かこの下描きの精度を高めることで、後からちょちょっと色を塗るだけでいい感じ!ということを目指したいと考えていますが…。

今回は、そう上手くはいきませんでした!あはは。いやしかし、このゴシック式甲冑のすべてのパーツを描き終える頃には、きっと何かをつかめるはずです。楽チンしていい感じの絵を描くことを目指して、練習をつづけます。

分解1-4.2そして、途中から下描きのことをけっこう忘れてしまいながら塗り作業を行ったのがこちら。今回は、やはりつま先の表現に気をつかっています。足裏側に「巻き込んだ」感を少し露骨に表現してみましたが、いかがでしょうか?

くるぶし付近の「あっさりした塗り」と、つま先に向かっての「黒っぽい塗り」とを比較すると、自分としては、あっさりした表現のほうが実は好みなんですが、金属らしさの表現と、絵としての面白みを考えるとやっぱりオーバー気味の表現が楽しいので、このような感じにしてみました。


それでは、今回はこのくらいで。

次回は、この鉄靴を分解してみます。


>>> '08/02/11 記事の続きに返信をつくらせていただきました。

>>> '08/06/15 記事の続きに返信をつくらせていただきました。

>ぐり子さん 初めまして!コメントありがとうございます!

なんと!西洋甲冑のコミュニティがあるんですね。いったいどのような情報交換がなされているのか、とても興味深いです。しかし残念なことに、私はmixiのIDを持っていないんです…。なんだか、行商人の方から遠い異国の話しを聞かせてもらったような、そんな心持ちです。いつか必ず訪れてみたいと思いますので、その際はよろしくお願いいたします。


>Jay-Annさん コメントありがとうございます!

ゴシック式甲冑は、特に分からない部分が多くて分解を始めるのは無理かなと迷っていたんですが、構造を考えてあれこれと悩むことが楽しいという気持ちを思い出して、また分解を始めることができました!
鉄靴の固定方法なんですが、私の手持ちの資料で観察している分では、くるぶしの前あたりでベルトで固定と、あとはつま先部分(つまさき付近)でベルトや、革張りのつま先部品につまさきを挿入して固定したのだと考えています。イタリア式のゴシック式甲冑の鉄靴には、足の甲部分に装着用の穴があって、鎧下着の足の甲部分からニョロりとのびる装着ヒモでしっかりと結びつける場合もあったようです。

今回、分解しているゴシック式甲冑の次世代の甲冑では、鉄靴とすね防具が一体となって、どうやらその下にブーツを装着しているように見えます。そういった甲冑では、つま先部分は丸みのある鈑金部品となっています。



>コンラッドさん 初めまして!ありがとうございます!

たどりついてくださって、ありがとうございます!
鉄靴の「つま先みょ〜ん」ですが、一度見たら忘れられませんね。式典用かな?とか、乗馬時になにかの拍子でつま先が【あぶみ】から抜けそうになったとき、短いつま先だとすぐにすっぽ抜けてしまうけれど、長いつま先だと少々抜けかけても、長い分大丈夫なのかな?などなど、いろいろとその効用について空想して楽しみましたが、その後入手した資料に「ただの流行で装飾、つまり飾りじゃね。」という記述を発見。【歩行時は取り外す】とのことで、あのままの状態で歩いてしまう貴族根性を期待していた部分もあったんですが、なるほど納得でした。

甲冑はこれからもずっと、可能な限り絵で分解しつづけたいと思っています!
いつの日か、半甲冑の分解にも辿りつきたいと思っています。昨年、NHK BSで放送されたマルタ島のドキュメンタリー番組で、レポーターの方が装着しているのがうらやましかったですもの。とにかく資料を集めなければ…
| ゴシック(ゴーティク)式甲冑 | comments(3) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
再開おめでとうございます。
靴編も楽しみにしております。
ところで、靴の裏側も興味があるのですが、
どうやって「固定するか」も気がかりです。
中に普通の靴を履いて、それに装甲を施して
いるのでしょうか…。

私の珍説はさておき今後の展開に期待しております。
| Jay-Ann | 2008/02/11 12:55 AM |
どうも、初めまして。
調べ物をしていて、グーグル先生の検索でココにたどり着きました。
うわー、なんていうか「何で今まで知らなかったんだよバカ」って自分に言っちゃうくらい、いい感じのBlogです。
個人的にはルネサンス期の甲冑が好きで、図鑑とかでよく眺めてました。
ゴティク(ゴチック)式の鉄靴といえば、マクシミリアン1世の「つま先がみょ〜んと伸びた」ヤツが特に印象的です。
あれって、装飾的なモノで特に意味は無いですよね?

しかし、なんていうか凄い参考になるのでこれからも期待してます。(いずれは16世紀ごろの「半甲冑」とかも分解していただければな…とw)
| コンラッド | 2008/02/11 8:56 AM |
初めまして。
ひょんなことからこちらに参りました。
ステキなイラストに感激しております。(笑)

もし西洋甲冑に深い興味がありましたら、SNSのmixiで西洋甲冑のコミュを開いておりますので、そこにおいで下さいましたら、楽しいお話でもしたいと思います。
コミュ名:西洋甲冑武器研究会

ご縁がありましたらまたどこかで。♪
| ぐり子 | 2008/06/15 3:55 AM |
コメントする









http://painterfan.jugem.jp/trackback/89
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
カテゴリ毎に記事を表示します
最近アップした記事です
お世話になっている資料です
Techniques of Medieval Armour Reproduction: The 14th Century (Medieval & Renaissance)
Techniques of Medieval Armour Reproduction: The 14th Century (Medieval & Renaissance) (JUGEMレビュー »)
Brian R. Price
ついに手に入れることができました!大きくて、厚みがあり、存在感のある本です。書いてあることはさっぱり分かりませんが、それはいつものこと。(現代における)甲冑の作り方の本というだけあって、興味深い【図解】が多くて、絵描き鍛冶としては非常に助かります!他の甲冑の本とは角度が違うので、構造に想いをはせる方はぜひ!
お世話になっている資料です
Medieval Military Costume (Europa Militaria Special, 8)
Medieval Military Costume (Europa Militaria Special, 8) (JUGEMレビュー »)
Gerry Embleton
15世紀頃までの騎士や他の戦闘装備と、女性たちの仕事着なども自然の中で撮影した雰囲気のたっぷりの写真で紹介されています。個人的には、コートオブプレートのカラーイラストと、ランツクネヒトが写真で見られたことが特にうれしい!
お世話になっている資料です
 (JUGEMレビュー »)

ヴァイキングの戦士たちは本当に魅力的です。戦士の写真以外にも、炊き出しをする女性たちや、特に装備品をこさえる職人の写真などは、あり得ないわけなんですが、当時の写真なんじゃないの?と言いたくなるほどの雰囲気の良さです。
お世話になっている資料です
 (JUGEMレビュー »)

表紙の写真だけでも手に取って見たいと感じました。とにかく、特に金属の装備品が周囲の環境によってどんな表情になるのかを写真で観察できることが素晴らしいと感じます。
お世話になっている資料です
図説 西洋甲冑武器事典
図説 西洋甲冑武器事典 (JUGEMレビュー »)
三浦 権利
●本物の西洋甲冑師【三浦權利】氏の膨大な知識の一部を1册の本に。●甲冑の発達の歴史から詳細な分解写真まで、まさに【辞典】と呼ぶに相応しいずっしりとぶ厚い本です。●甲冑の分解写真は、三浦氏製作のマクシミリアン式甲冑。裏側の写真まで掲載されていますが、下で紹介している【ポーズ&アクション集】では、その甲冑が様々なポーズを取っているので、組み合わせて参照すれば最強です。

お世話になっている資料です
西洋甲冑ポーズ&アクション集 European Armour in Various Scene
西洋甲冑ポーズ&アクション集 European Armour in Various Scene (JUGEMレビュー »)
三浦 権利
●同じく本物の西洋甲冑師【三浦權利】氏が、読者からの要望を受けて製作された本です。こちらの本では、甲冑を実際にモデルが装着して、様々なポーズをとって写真を撮ってしまったんです!●モデルがパーツごとに甲冑を装着していく写真は涙が出るほどうれしい!さらに、後ろ姿もじっくり観察できるので本当に素晴らしい。●この本と、【西洋甲冑武器辞典】を一緒に開いて勉強するのが私のお気に入りです。
お世話になっている資料です
LINKS
月毎の記事分類です
みなさまからのコメント
PROFILE