<< ゴシック式(ゴティク式)甲冑-9 | main | 情報をいただいた洋書の紹介 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
ごぶさたしております
創作甲冑090401みなさま、ごぶさたしております。

先日、コメントをいただきました。本当にありがとうございます!そのコメントは「ブログやめてしまったの?」という内容でしたが、いえ、やめていません!

でも、ずっと続きを作成することができていませんので、自分でも寂しいです…いろいろと立ちはだかる日常の課題をひとつひとつかたづけて、少しでも早く再開できるように活動したいと思います。

今回は、ずっと描き途中で放置してあった創作騎士をアップしました。魚に乗せようか、ドラゴンに乗せようか…などと迷っているうちに忘れてしまっていたものをみつけたので、言葉だけではさみしいかなと思ってアップしてみました。
なんとか少しづつでも記事をアップできるよう、活動の方法を考えようと思います。コメントをくださった方、このブログにご訪問くださった方、本当にありがとうございます!

それではひとまず、今回はこのくらいで。


>>> 09/06/04 記事の続きに返信をつくらせていただきました。

>>> 09/05/22 記事の続きに返信をつくらせていただきました。

>>> 09/04/26 記事の続きに返信をつくらせていただきました。

>>> 09/04/24 記事の続きに返信をつくらせていただきました。

>>> 09/04/17 記事の続きに返信をつくらせていただきました。
>師走二八さま

初めまして!

甲冑を描こうとして、その構造に疑問を持ってしまうと手が止まって
しまうことってありますね。本当はそんなに気にしなくてもいいのにと
思いながらも、気にしてしまうと限り無く気になってしまいます。

私も、今も大いに悩みながら甲冑を描くことを楽しんでいます!

私の記事をご参考いただいて、師走さんが甲冑を描くことがちょっぴり
でも楽チンになっていただけたなら、とてもうれしいです!
でも、私の記事中の甲冑の構造については、私の想像(希望も)で描いて
いる部分も多くありますので、その点はご了承くださいね。


>guyさま

初めまして!

お仕事で甲冑を描かれるなんて、素敵なお仕事ですね!ドキドキします。
ご参考いただけたとのお声かけをいただき、とてもうれしいです。
ありがとうございます!
現在、脚防具の線画での分解を再開しております。近々、アップすること
ができると思いますので、またご訪問くださるとうれしいです。

【イングランドの中世騎士】は、本当ですね!価格にびっくりしました!
とてもよい本なんですが…私もあの価格では購入はできないです。
では、これからもよろしくお願いします!


>畄汰さま

初めまして!

作品づくりのご参考にしていただけるなんて、私、感動しています。
そしてまた、みなさまお声かけをしてくださって、さらに感動です…
みなさまのお声かけは、私の元気のもとです!
本当にありがとうございます!


>犬犬さま

初めまして!

絵描き鍛冶の記事をご参考いただけたとのこと、
そのようなお声かけをいただけて、本当にうれしいです。
ありがとうございます!

犬犬さんの騎士の絵を描く作業がどんどん楽しくなりま
すように!


>Jay-Annさま

いつもありがとうございます!
甲冑への情熱は冷めることはないと思うんですが、
時間との戦いには、戦力(体力)が足りないようです。

最近では、パソコンからf分の1ゆらぎとか出てるん
じゃないかと思うほど、電源入れてしばらくすると気持ち
よぉく眠ってしまいます。



>カエルに乗る

なるほど!思いつかなかったなぁ…
跳ねたり、泳いだり…?楽しそうです!

| - | comments(5) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
久々に訪れた所、更新されていて嬉しく思っています。
お忙しいとは思いますが、これからも楽しみにしております。
それでは、お体にお気をつけて。


>創作騎士
カエルに乗るというのはどうでしょうか?
水陸両用で、汎用性が強い気がします。
| Jay-Ann | 2009/04/11 1:28 AM |
初めまして
甲冑に対するこだわりがすごいですね!
チェーンメイルのところは本当にすごいと思いました。感動しました。
今、騎士の出てくる絵を描いているので参考にさせていただきます。
これからも楽しみにしています。
| 犬犬 | 2009/04/23 12:37 AM |
はじめまして。
畄汰(りゅうた)と申します。
ホウバーグで検索していてお邪魔しました。
(ネット小説を書いていて資料を探しておりましたところで。非常に参考になりました。)
とても素晴しい絵ですね。

今後も頑張ってください。
ではでは、失礼します (。-人-。)畄


| (。-人-。)畄 | 2009/04/24 10:31 PM |
始めまして。
今仕事で甲冑を描いていて、
とても細かい部分まで分解図があり、わかりやすいので非常に参考になりました。
これからも覗かせてもらいます。

イングランドの中世騎士、見てみたいのですがすごい高値になっていますね;
しばらく古本屋を巡ることになりそうです(笑)
| guy | 2009/05/20 10:56 AM |
はじめまして、師走二八と申します。

私も鎧が大好きでゲームとかのを真似て描いたりするんですが、構造がよくわからなくてオリジナルで描こうにも描けない場合が多くて、困っていました。

でもKojiさんのこのブログを見て、一つ一つの部位への詳しさとクオリティにとても感動&参考資料になりました!!見ていて、はしゃぎまくりです!

これからも勉強させていただきますね!

乱文でしたが、これにて失礼します。がんばってください!!(≧∀≦)
| 師走二八 | 2009/06/01 11:09 AM |
コメントする









http://painterfan.jugem.jp/trackback/97
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
カテゴリ毎に記事を表示します
最近アップした記事です
お世話になっている資料です
Techniques of Medieval Armour Reproduction: The 14th Century (Medieval & Renaissance)
Techniques of Medieval Armour Reproduction: The 14th Century (Medieval & Renaissance) (JUGEMレビュー »)
Brian R. Price
ついに手に入れることができました!大きくて、厚みがあり、存在感のある本です。書いてあることはさっぱり分かりませんが、それはいつものこと。(現代における)甲冑の作り方の本というだけあって、興味深い【図解】が多くて、絵描き鍛冶としては非常に助かります!他の甲冑の本とは角度が違うので、構造に想いをはせる方はぜひ!
お世話になっている資料です
Medieval Military Costume (Europa Militaria Special, 8)
Medieval Military Costume (Europa Militaria Special, 8) (JUGEMレビュー »)
Gerry Embleton
15世紀頃までの騎士や他の戦闘装備と、女性たちの仕事着なども自然の中で撮影した雰囲気のたっぷりの写真で紹介されています。個人的には、コートオブプレートのカラーイラストと、ランツクネヒトが写真で見られたことが特にうれしい!
お世話になっている資料です
 (JUGEMレビュー »)

ヴァイキングの戦士たちは本当に魅力的です。戦士の写真以外にも、炊き出しをする女性たちや、特に装備品をこさえる職人の写真などは、あり得ないわけなんですが、当時の写真なんじゃないの?と言いたくなるほどの雰囲気の良さです。
お世話になっている資料です
 (JUGEMレビュー »)

表紙の写真だけでも手に取って見たいと感じました。とにかく、特に金属の装備品が周囲の環境によってどんな表情になるのかを写真で観察できることが素晴らしいと感じます。
お世話になっている資料です
図説 西洋甲冑武器事典
図説 西洋甲冑武器事典 (JUGEMレビュー »)
三浦 権利
●本物の西洋甲冑師【三浦權利】氏の膨大な知識の一部を1册の本に。●甲冑の発達の歴史から詳細な分解写真まで、まさに【辞典】と呼ぶに相応しいずっしりとぶ厚い本です。●甲冑の分解写真は、三浦氏製作のマクシミリアン式甲冑。裏側の写真まで掲載されていますが、下で紹介している【ポーズ&アクション集】では、その甲冑が様々なポーズを取っているので、組み合わせて参照すれば最強です。

お世話になっている資料です
西洋甲冑ポーズ&アクション集 European Armour in Various Scene
西洋甲冑ポーズ&アクション集 European Armour in Various Scene (JUGEMレビュー »)
三浦 権利
●同じく本物の西洋甲冑師【三浦權利】氏が、読者からの要望を受けて製作された本です。こちらの本では、甲冑を実際にモデルが装着して、様々なポーズをとって写真を撮ってしまったんです!●モデルがパーツごとに甲冑を装着していく写真は涙が出るほどうれしい!さらに、後ろ姿もじっくり観察できるので本当に素晴らしい。●この本と、【西洋甲冑武器辞典】を一緒に開いて勉強するのが私のお気に入りです。
お世話になっている資料です
LINKS
月毎の記事分類です
みなさまからのコメント
PROFILE